しみじみ美味しい!和食でしあわせ 料理研究家 牧 弘美の和食手帳
教室 まさ美 弘美
プロフィール 弘美の和食 おもしろレシピ 母娘対談 仕事依頼 HOME

-2012年-
-2011年-
-2010年-
-2009年-
如月の和食
梅寒
東京は立春を過ぎて雪が降り、下着など更に重ね着した方も多かった事でしょう。
衣更着(衣を更に着る)が如月の語源です。 今月の和食は冬の名残りの料理です。華やかさはなくてもほっとするしみじみ美味しい献立です。
さらし鯨は鯨の尾羽を薄く切り、熱湯で余分な脂肪を除き、冷水でさらしたものです。
コラーゲンたっぷり、白色でにおいもなく歯触りのよい食品で、からし酢味噌を添えて、スーパーの魚売り場で見かけます。食べたことがないという方が意外に多かったです。芹と甘酢しょうがといっしょになめらかな胡麻酢味噌であえました。お酒がすすむいい肴です。
作り方は「おもしろレシピ」でも紹介しております。
あああああああああああああああ
あああああああああああああああ さらし鯨
さらし鯨と芹のごま酢味噌
▲TOPへ
山芋のとろろが入ったかきしんじょを蒸し茶わんに入れて蒸し、かぶをすりおろしたみぞれあんをかけました。浮身はそばの芽、可愛い色合いです。
あああああああああああああああ
あああああああああああああああ かき真蒸の蒸し上がり
きれいな緑色になる
かきの真蒸の茶わん蒸し 霙あんかけ
▲TOPへ
今月の表題に因んで梅干しを使った鯛のたたきです。レディサラダという皮が紅い大根にはさみます。レディサラダは三浦産のものでしたが最近は近くの農家でもよく見かけます。前盛りの緑はきゅりをピーラーで笹がきにして立塩(塩水につけること)にし、絞ったものです。
あああああああああああああああ
あああああああああああああああ レディサラダ
鯛の梅肉たたき紅大根はさみ
▲TOPへ
この鶏丸(とりがん)は鶏もも肉(皮つき)、鶏肝、砂肝、ハツ及び軟骨を全部合わせてミンチにし、山芋のすりおろしを加えた。それはそれはやわらかくて味にコクがある肉だんごです。 温泉卵をくずしてからめて食べるととても美味しい。

鶏丸くわ焼、焼き葱、温泉卵
▲TOPへ

わかさぎは今まさに氷上の穴釣りの季節。今回は小さくて食べやすい公魚が連日手に入りました。春巻きの皮に青じそと生ハムを重ね、わかさぎをのせて巻き、油でカラリと揚げます。これはおいしくて作るのも簡単子供も大好き、ビールの肴にも最高です。
作り方は「おもしろレシピ」でも紹介しております。

豚肉とドライフルーツの煮物
▲TOPへ

普通「おいなりさん」は油揚げを煮て、ご飯又はすし飯を詰めるのですが、ここでは米を生のまま油揚げに直接つめて炊飯器で煮ます。とても上手に煮えておいしいのでみんなびっくり!!是非お試し下さい。
作り方は「おもしろレシピ」でも紹介しております。

炊き込み稲荷めし
▲TOPへ
白菜茎の桜えび風味漬け
▲TOPへ