しみじみ美味しい!和食でしあわせ 料理研究家 牧 弘美の和食手帳
教室 まさ美 弘美
プロフィール 弘美の和食 おもしろレシピ 母娘対談 仕事依頼 HOME

-2012年-
-2011年-
-2010年-
-2009年-
睦月の和食
寒日和
しゃきしゃきした蕗としっとりとした笹身の歯ざわり、ひなびた荏胡麻の風味がなんとも美味しい。
荏胡麻を煎りはじめると、いつもの胡麻とはまた違う香りがしてプチプチとはじけてくる。すり鉢で摺る。遠い昔に出会ったような、なつかしい香りがキッチンに漂いはじめてきました(…う〜ん、たまらない)

■レシピは「おもしろレシピ」で紹介してます。
▲TOPへ
鯛の卸し方のお勉強。平造りにした鯛に煎り梅をまぶし、香りの良いうどと重ね盛り。 金箔を天にのせたら初春らしいおめでたい料理になりました。

煎り梅 卵黄と梅肉を練り合わせて、ごく弱火で細かいツブツブに仕上げたもの。
IHクッキングヒーターを使うと簡単に出来ます。
▲TOPへ
搾りたてのやわらかい酒粕と白みそでクリームシチューのように煮上げます。
ボリュームのあるスペアリブと大根・里芋・人参などの根菜の組み合わせが、白いご飯によく合う力強いおかず。
美味しい酒粕の出回るこの時期ならではの料理です。
▲TOPへ
牡蠣の美味しいこの季節。牡蠣料理と言えばなんといっても「かきフライ」ですよね。それを和食にアレンジしたものです。
一色は、パン粉の代わりに“揚げ餅あられ”を細かく砕いてつけました。餅あられの塩味と食感が楽しい。
ボリューム感があり1個でも大満足です。
もう一色は、千切りにした蕗の葉っぱをタップリまぶしたカロテン色のフライです。
前菜の蕗の葉っぱがあまりにもキレイだったので、捨てるのには偲びませんよね。そこで、細い千切りの葉を水で晒し、片栗粉と卵白をつけた牡蠣にまぶすと思いのほかいっぱいついて、カラリと揚がります。
蕗の香りと微かなほろ苦さが大人の味かな…。
▲TOPへ
脂ののった寒ブリにふわふわの湯葉をのせて蒸しました。橙(だいだい)を絞って作った手製のポン酢が最高。 お教室で異口同音に「美味しい〜!」文句なく美味しい一品。
昨年の暮れに、下関旅行で見つけた一山500円(20個で!!)の橙。腰が抜けるほど重かった。
でも、こんな美味しいポン酢が出来るなら頑張った甲斐がありというものでしょう。
▲TOPへ
高きびは昔懐かしい「こうりゃん」のこと。
もちきびなので、ご飯がほんのり赤く染まりモチモチした食感がまるでお赤飯のよう。
今やこうりゃんは手に入れるのが難しい高級食材。
▲TOPへ
大根の皮や茎などを「唐辛子梅茶漬け」でモミモミしました。
大根も捨てるところはありませんよ。
▲TOPへ
昨年の暮れに、テレビ朝日の「食彩の王国」で黒豆の煮方を紹介しました。
アレンジレシピで黒豆とクリームチーズを和えたところ、女性は勿論、男性のスタッフにも大好評でした。
新年に入ってもう一度黒豆を煮て、皆さんに喜んでいただきました。
▲TOPへ